それ行け! ちこたま丼

案内犬チャンスが北海道アドベンチャーツアーズ hat! の日常を紹介していきます

ヤンネ編

その男・・・

証言 No.1 クーちゃん

f:id:non-hypophysis:20181030121722p:plain
まあ、悪いやつじゃないけど・・・。 一緒に散歩に出かけて

ひどい目にあったわョ、

薮に入るわ、沢登りさせるわ・・・帰ったら夜中。二度と無理!!

 

証言 No.2 カンナさん。

f:id:non-hypophysis:20181030122544p:plain
フフフ。そりをする気はゼロね。この間なんかそりの心臓と言うべきセンターラインを3秒で切ったわ。
そりを置いて行ってしまったみんなをニコニコ見送ってたっけ。

 

証言 No.3 女性の皆様。
おじちゃんは「としま」好き!! 『おまえらは百年早い!』って散歩に連れてってくんないもん!

f:id:non-hypophysis:20181030123234p:plain

 

証言 No.4 ダイチ兄さん。

f:id:non-hypophysis:20181030123546p:plain
おれの恥だし、あんまり言いたくないが・・・
あの人は男の中の男だ。
もう、だいぶ前の話になるがね、あの人とやりあったことがある。
おれは身体が大きいし、勝てる自信があった。先手必勝! のはずが・・・・・・

f:id:non-hypophysis:20181030125432j:plain

f:id:non-hypophysis:20181030130209j:plain
おれは悟ったよ。
あの人はおれを倒すなんて、なんでもないんだと。

 

f:id:non-hypophysis:20181030130836j:plain

 

f:id:non-hypophysis:20181030131054j:plain
証言 No.5 ノエルおばさん。
彼はね。ほんの仔犬の時に辛い別れを経験してるの。

 

ユパは彼の先生!

f:id:non-hypophysis:20181030131434p:plain
どこへ行くのも一緒。ユパもとても彼を可愛がっていた。
ある春の日。川は雪解けの増水が始まっていた・・・

f:id:non-hypophysis:20181030132053j:plain

それが・・・ユパの最後の言葉だった。

f:id:non-hypophysis:20181030132510j:plain

逃げるより、小さな彼に何が出来たろう。

f:id:non-hypophysis:20181030133118j:plain
その晩。習いたての彼の遠吠えがいつまでも、いつまでもひびいていた・・・
それっきり、彼は遠吠えをしなくなってしまったわ。


その代わり。

f:id:non-hypophysis:20181030133727j:plain

これがヤンネ。
ボヘミアンおじさんです。

なんと!
とうちゃんとノエルおばさんの兄弟なのです。

f:id:non-hypophysis:20181030140103p:plain
「ま、子どもは好きらしい・・・」
コリン心の声